イシダ トモノブ   ISHIDA Tomonobu
  石田 倫識
   所属   法学部 所属教員
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/02
形態種別 その他
標題 被告人の新主張を求める弁護人の質問を訴訟指揮で制約した事例
執筆形態 単著
掲載誌名 法律時報
巻・号・頁 81(2),121-124頁
概要 本件は、公判前整理手続において主張していなかった事実につき、公判開始後にはじめて弁護人が主張しようとしたために、裁判所がこれを制限した事案である。控訴審は、公判前整理手続の趣旨に鑑み、訴訟指揮権の行使(刑訴法295条1項)によって弁護側の新主張を制限しうるとの判断を下した。 本評釈では、本件の特殊事情(弁護人のみが新主張を行ない、被告人自身は新主張を行なわなかった)を踏まえた事例判断であり、本判決の射程範囲は限定的に解されるべきであって、裁判所の訴訟指揮によって弁護側の新主張を広く制限しうることを認めたものではないことを確認した。