イシダ トモノブ   ISHIDA Tomonobu
  石田 倫識
   所属   法学部 所属教員
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/04
形態種別 その他
標題 被告人の訴訟能力を肯定し、控訴趣意書の提出の遅延につき刑訴規則238条にいう『やむを得ない事情』がないなどとされた事例
執筆形態 単著
掲載誌名 法律時報
出版社・発行元 日本評論社
巻・号・頁 80(4),135-139頁
概要 本件は、1審死刑判決につき、即日控訴が申し立てられたものの、趣意書提出期限までに控訴趣意書が提出されなかったために控訴が棄却され、これに対する弁護側の特別抗告も棄却された事案である。弁護人は、被告人との意思疎通ができなかったことを理由に、趣意書提出の遅延には、「やむを得ない事情」(刑訴規則238条)があった旨を主張したのに対し、最高裁は、「本件においては」意思疎通の困難が提出遅延を正当化する理由とはなりえないとした。本評釈では、最高裁が、あえて「本件においては」とその射程を限定していることを指摘し、本件が事例判断に過ぎなかったことを確認したうえで、刑訴規則238条のいう「やむを得ない事情」の意義について検討を加えた。