イシダ トモノブ   ISHIDA Tomonobu
  石田 倫識
   所属   法学部 所属教員
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/09
形態種別 その他論文
標題 警察拘禁の極小化と被疑者取調べの在り方
執筆形態 単著
掲載誌名 未決拘禁改革の課題と展望
出版社・発行元 日本評論社
巻・号・頁 105-119頁
概要 本稿では、ミニマム・スタンダードとしての国際人権法上の要請に従うならば、①警察拘禁の極小化は避けられず、代替収容制度(代用監獄)の正当化はもはや不可能であること、そして、②代用監獄の存在を前提に成立している今日の被疑者取調べのあり方はもはや維持しえず、警察拘禁の極小化は同時に被疑者取調べの極小化をもたらすこと等を主張した。