イシダ トモノブ   ISHIDA Tomonobu
  石田 倫識
   所属   法学部 所属教員
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/04
形態種別 その他
標題 規律と懲罰のあり方
執筆形態 単著
掲載誌名 刑務所改革のゆくえ~監獄法改正をめぐって
出版社・発行元 現代人文社
巻・号・頁 40-44頁
概要 本書は、監獄法改正の動向に応じて、理想的な刑事拘禁法を模索・提言してきた刑事立法研究会が『行刑改革会議提言』を批判的に分析・検討した研究書である。私は「規律と懲罰のあり方」(40-44頁)を執筆した。『行刑改革会議提言』には一定程度評価しうるところ(被収容者を「再び社会を担う存在」「社会復帰の主体」とする点等)があるものの、各論的にみたときに、なお最低限の要請が充たされていないこと(懲罰手続における弁護権保障等)を指摘した。