イシダ トモノブ   ISHIDA Tomonobu
  石田 倫識
   所属   法学部 所属教員
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/09
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 被疑者の黙秘権に関する一考察 ~イギリス黙秘権制限立法を手掛かりに
執筆形態 単著
掲載誌名 九大法学
巻・号・頁 (86),107-197頁
概要 本稿は、黙秘権の母国イギリスにおける黙秘権制限法の意義と機能を検証したものである。同法制定後の判例動向(イギリス控訴院および欧州人権裁判所の判例法)を通覧したところ、判例法において、不利益推認条項は極めて抑制的・限定的に解釈・適用されており、その実際の意義・機能は、今日、事実上失われていることを確認しえた。イギリス法の動向が我が国に与える(事実上の)影響は無視しえず、現に黙秘権の母国イギリスにおいても黙秘権は事実上「廃止」されているとの紹介が一般化しているなかで、本稿は、これとは異なるイギリス法の理解を提示したものである。