イシダ ヒサタカ   ISHIDA Hisataka
  石田 尚敬
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03/31
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 肯定的アポーハ論について─シャーンタラクシタの学説形成─
執筆形態 単著
掲載誌名 禅研究所紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 愛知学院大学禅研究所
巻・号・頁 46,1-14頁
概要 8世紀のインド、ナーランダ―僧院で活躍したシャーンタラクシタは、その言語哲学の意味論において、「肯定的アポーハ論」を論じたことが知られる。その主張の形成について、シャーンタラクシタに先立つインド正統哲学ミーマーンサー派のクマーリラ、仏教認識論・論理学を大成したダルマキールティ、ダルマキールティの孫弟子とされるシャーキャブッディといった思想家分析しながら明らかにした。