イトウ ユウ   ITO Yu
  伊東 優
   所属   歯学部 顎口腔外科学
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2012/02
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Postoperative Velopharyngeal Closure Function Following Unified Velopharyngeal Plasty as Secondary Surgery for Cleft Palate: One- and Three-Year Follow-Up Results
執筆形態 共著
掲載誌名 Surgical Science
掲載区分国外
巻・号・頁 3(2),pp.59-64
担当区分 責任著者
国際共著 国際共著
著者・共著者 Kurita K , Ito Y , Nakayama A , Abe A , Mukai K , Kawahara K , Ito M , Takami M , Shimooka M
概要 当科では口蓋裂術後の鼻咽腔閉鎖機能不全で言語訓練で改善困難な症例に対して,二次治療としてUnified Velopharyngeal Plasty(以下,UVP変法)を施行している。このうち鼻咽腔閉鎖機能の短期評価および中期評価が可能であった14例において検討を行い,10歳未満の若年齢時におけるUVP変法の適応が有用であることを明らかにした。