ヨコヤマ リュウケン   YOKOYAMA Ryuken
  横山 龍顯
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/10/30
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 龍門寺所蔵『正法眼蔵仏祖悟則』の資料的価値(1)―『伝光録』・『仏祖正伝記』との関係を中心に―
執筆形態 単著
掲載誌名 駒澤大学仏教学部論集
掲載区分国内
巻・号・頁 (48),239-253頁
概要 龍門寺に所蔵される『正法眼蔵仏祖悟則』は、和漢混交文で叙述された『伝光録』のテクストを漢文に復元・抄出した文献であるが、『伝光録』を単純に漢文へ復元するのみならず、増広が施される場合も存する。その増広された文章は、『仏祖正伝記』(1399年序)にも見出され、その他の諸点を総合すると、『正法眼蔵仏祖悟則』の成立年代は1366~1399年の間に比定することが可能となる。ここから、『正法眼蔵仏祖悟則』の原資料となった『伝光録』も、『正法眼蔵仏祖悟則』成立以前には写本が存在していたことが傍証される。したがって、従来は乾坤院本(15世紀半ば書写)を遡及することが不可能であった『伝光録』に、14世紀の写本が存したことが傍証され、ここに『正法眼蔵仏祖悟則』の資料的価値が見出される。
researchmap用URL http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/37659/