ヨコヤマ リュウケン   YOKOYAMA Ryuken
  横山 龍顯
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/03/28
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 太田治兵衛の思索と行動―近代曹洞宗教団との交流を通して―
執筆形態 単著
掲載誌名 駒澤大学禅文化歴史博物館紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 (3),1-19頁
概要 明治期から大正期にかけて活動した太田治兵衛は、質商を営むかたわら、横浜市会議員としても活動し、市制が施行されて間もない横浜市の発展に尽力した人物である。また、彼の生涯を概観すると、西有寺(横浜市中区)の寺域を寄進して開基となり、總持寺(横浜市鶴見区)の信徒総代として總持寺鶴見移転の勧募員を務めるなど、近代曹洞宗教団との密接な交流が見出される。本論においては、治兵衛の曹洞宗教団への積極的な関与を推進する原動力となった彼の思想について、生涯を跡づけつつ論じた。
researchmap用URL http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/MD40138645/