ヨコヤマ リュウケン   YOKOYAMA Ryuken
  横山 龍顯
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12/20
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 中世曹洞宗における思想的展開―『伝光録』から『正法眼蔵仏祖悟則』へ―
執筆形態 単著
掲載誌名 印度学仏教学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 67(1),42-45頁
概要 道元禅師滅後の曹洞宗においては、公案禅が教学の中心に据えられるにおよび、『正法眼蔵』等は顧みられず、『宏智録』などの中国曹洞宗の文献が参究の中心になったと指摘されるが、これは15世紀以降における通幻派の思想動向である。本論においては、14世紀後半から15世紀にかけての太源派の思想動向に注目し、太源派においては、通幻派とは異なり、『伝光録』に依拠した教学を形成したことを明らかにするとともに、中世曹洞宗における思想動向の多様性を指摘した。
DOI 10.4259/ibk.67.1_42
researchmap用URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk/67/1/67_42/_article/-char/ja/