ヨコヤマ リュウケン   YOKOYAMA Ryuken
  横山 龍顯
   所属   文学部 宗教文化学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/08/31
形態種別 学術雑誌
標題 『伝光録』古写本再考
執筆形態 単著
掲載誌名 曹洞宗総合研究センター学術大会紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 (19),91-96頁
概要 『伝光録』には、佐橋法龍氏による偽撰説が提出されているが、佐橋説に対する有効な反論は、いまだに行われていない。つまり、現今では偽撰説を無視し、『伝光録』を瑩山禅師の親撰(提唱録)と見なした状態で研究が継続されている。本論においては、14世紀後半に成立していた『正法眼蔵仏祖悟則』の存在や、14世紀後半から15世紀に成立した太源派相伝資料に見出される『伝光録』の影響から、『伝光録』は瑩山禅師の提唱録と見て問題ない可能性が高いことを指摘し、その意味においては、現存最古の乾坤院本の資料的価値は従来よりも高まることを指摘した。