ツネカワヨシミ
恒川由已 薬学部 実践薬学 准教授

標題
  早期体験学習が薬学部 2 年次生の学習効果およびモチベーションに及ぼす影響
概要
  早期体験学習に対する学習効果について薬局での体験学習前と学習後に小テストとアンケートを実施した.その結果,「薬歴」,「処方せん」,「疑義照会」など正解率が有意に上昇し,正しく理解できたことが認められた.また,モチベーションの向上については,99%の学生が「積極的に参加した」と回答し,98%が「質問を行った」と回答していたことから,早期体験学習を実施することは有用であることが明らかとなった.
  巽 康彰,恒川由已,浦野公彦,上井優一,服部亜衣,長田孝司,岩本喜久生
  共著   知学院大学薬学会誌   知学院大学薬学会   2,15-19頁   2009/12
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.