フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  Immobilization of simulated reducing agent at the surface of SiO2 fillers in dental composite resins
概要
  レジンから還元剤の溶出を極力防ぐために,シリカフィラー表面への還元剤類似物質の固定化を試みたところ,XPSにより固定化されていることが判明した。また,固定化されたフィラーにはMMAレジンが吸着しており,シラン処理を介さずにレジンとフィラーが固着することも明らかとなった。
  Shibata S., Hirata I., Nomura Y., Shirai K., Fujitani M., Shintani H., Okazaki M.
  共著   Dental Materials Journal   26(4),pp.568-574   2007
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.