フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  Regional distribution of Parkinsonism-preventing endogenous tetrahydroisoquinoline derivatives and an endogenous Parkinsonism-preventing substance-synthesizing enzyme in monkey brain
概要
  パーキンソン病を誘発する酵素TIQならびに1BnTIQ,およびそれを抑制する合成酵素1MeTIQのサルの脳における局在性と1MeTIQの活性について検討したところ,酵素により局在性が明らかで,とくに1MeTIQは特発性パーンソン病に密接に関与していることが判明した。
  Yamakawa T., Kotake Y., Fujitani M., Shintani H., Makino Y., Ohta S.
  共著   Neurosci   276,pp.68-70   1999
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.