フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  Short-term reaction of exposed monkey pulp beneath adhesive resins
概要
  種々の接着性レジンを直接露髄窩洞に応用し,歯髄反応を病理組織学的に検索したところ,基本的にはコントロールの水酸化カルシウム製剤と同様ほとんど炎症はなく歯髄は治癒したが,接着システムにより反応に差異のあることが判明した。
  Kitasako Y., Inokoshi S., Fujitani M., Otsuki M., Tagami J.
  共著   Oper Dent   23,pp.281-342   1998
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.