フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  セレック2インレーの窩壁適合性
概要
  CAD/CAMシステムにより調製されたI級セラミックインレーの窩壁適合性を側視断面観察により検討したところ,線角,点角部における適合性が不十分であり,また辺縁においては約300μmのギャップが認められ,線角,点角部の鈍化の必要性が明らかとなった。
  森川明広,田中伸征,本山智得,木村一水,冨士谷盛興,占部秀徳,新谷英章
  共著   広島歯誌   25,25-28頁   1997
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.