フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  Monkey pulpal response to adhesively luted indirect resin composite inlays
概要
  サルの健全歯に形成された窩洞に対するコンポジットレジンインレーを接着性レジンセメントで装着した場合の歯髄における反応を病理組織学的に観察したところ,直接レジンセメント充填した時に比し初期刺激性が若干観察されたのみでほとんど差異がなく,良好な経過を示した。
  Inokoshi S., Shimada Y., Fujitani M., Otsuki M., Shono T., Onoe N., Morigami M., Takatsu T.
  共著   Oper Dent   20,pp.111-118   1995
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.