フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  保存修復学における学生の修得能力および各評価要素間の相関性
概要
  保存修復学に関する成績について同一学生群の3〜6年次の各種評価資料を分析したところ,学生の知識技能修得能力は学年次とともに均質化する傾向があった。能力向上には,現有能力の正確な把握と教育目標レベルの個別適正設定が重要なことを見いだした。
  ◎細田裕康,高津寿夫,山田敏元,猪越重久,田上順次,掛田 朗,冨士谷盛興
  共著   日歯教誌   6,131-139頁   1991
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.