フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  接着性コンポジットレジン修復のための新しい歯面処理法に関する研究
概要
  リン酸エッチングの象牙質コラーゲンに及ぼす侵襲を避けるために,象牙質およびエナメル質を同時に処理可能で,かつBis-GMA系ボンディングレジンに有効な歯面処理剤の検討を行ったところ,10%クエン酸と20%塩化カルシウム,あるいは10%クエン酸と20%塩化亜鉛の合剤が有効であることが判明し,前者は商品となった。
  ◎細田裕康,平澤 聖,冨士谷盛興
  共著   日歯保存誌   32,421-433頁   1989
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.