フジタニモリオキ
冨士谷盛興 歯学部 保存修復学 特殊診療科教授

標題
  臼歯咬合面修復へのフロアブルレジンの応用
概要
  最近のフロアブルレジンは、フィラーのナノサイズ化やフィラー表面のシラン技術処理や均一分散技術などにより、物性が従来のペーストレジンと同等かそれを上回る高強度のものが開発され、臼歯部への応用が十分可能となった。これらを、「インジェクタブルレジン」と名付けることにした。
  冨士谷盛興、千田彰
  共著   デンタルダイアモンド   92-97頁   2015/07
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.