ミヤチヒトシ
宮地斉 歯学部 顎顔面外科学 准教授

標題
  Risk of surgical glove perforation in oral and maxillofacial surgery
概要
  口腔外科手術150例で使用した1,437双の手術用手袋の穿孔率を報告した。顎変形症手術45例では91%、口唇口蓋裂手術は55%、腫瘍切除55%、歯科用インプラント50%、直介看護師は63%であり顎変形症手術とその他の手術の手袋穿孔のオッズ比は16.0であった。顎変形症手術時にはダブルグローブ装着が望ましい事を報告した。
  N. Kuroyanagi,T. Nagao,H. Sakuma,H. Miyachi,S. Ochiai,H. Kimura,H. Fukano,K. Shimozato
  共著   Int.J.Oral Maxillofac.Surg.   41,1014-1019頁   2012/02
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.