ミヤチヒトシ
宮地斉 歯学部 顎顔面外科学 准教授

標題
  多房性所見を示した下顎正角化性歯原性嚢胞の1例
概要
  正角化性歯原性嚢胞は角化嚢胞性歯原性腫瘍の亜型とされていたが、2005年のWHOの分類において、上皮が錯角化した角化嚢胞性歯原性腫瘍と性格が異なることより、分別された疾患である。36歳、女性の左下顎に発症した、多胞性所見を示す同嚢胞を経験し報告した。
  渡邉裕之、河原康、森悟、後藤満雄、後藤新吾、藤原成祥、宮地斉
  共著   愛院大歯誌   愛院大歯誌   54(1),37-41頁   2014/02
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.