ニイミテルユキ
新美照幸 歯学部 口腔先天異常学研究室 准教授

標題
  歯学部附属病院障害者歯科診療部開設9年における全身麻酔下歯科治療症例の調査
概要
  当診療部は2001年2月に開設し、障害者歯科の専任に加え、歯科保存科、補綴科、口腔外科、麻酔科、矯正歯科、口腔衛生科の専門医と協力して障害児・者の歯科治療を行っている。今回、2010年12月までの9年11ヵ月間に全身麻酔下治療を行った144例について患者属性や治療内容などを調査した。その結果、患者の性別は男性90例、女性54例で、男性が女性の約2倍の比率であった。年齢は3~46歳(平均20歳11ヵ月)で、20歳代が最も多く34.7%、次いで10歳代25.7%、10歳未満18.8%、30歳代17.4%、40歳以上3.5%であった。障害の種類は精神遅滞が最も多く37.5%、次いで自閉症スペクトラム32.6%、脳性麻痺17.4%の順であった。平均処置歯数は9.2歯で、処置内容は修復処置49.9%、抜歯27.2%、根管処置9.9%、予防処置7.7%、補綴処置2.9%の順に多かった。
  加藤孝明, 岡本卓真, 伊藤正樹, 佐々真由子, 松本侑, 山田正弘, 新美照幸, 松本享, 橋本和佳, 横井共, 名和弘幸, 藤原琢也, 福田理
  共著   愛知学院大学歯学会誌(0044-6912)50巻1号 Page1-8(2012.03   50(1),1-8頁   2012/03
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.