トノイケタカシ
外ノ池隆史 心身科学部 健康科学科 教授

標題
  周期性ACTH-ADH放出症候群の経過中に周期性精神病を疑わせた1症例
概要
  周期性ACTH-ADH放出症候群の経過中に精神症状を認めた女児について、精神科医の診断を求めたところ、若年期周期性精神病が疑われた。リチウムを投与したところ良好な結果を得たので報告した。
  永井幸代,外ノ池隆史
  共著   児童精神医学とその近接領域   46(1),65-71頁   2005
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.