ホンダマサキ
本田雅規 歯学部 口腔解剖学講座 教授

標題
  再生医療技術の最前線 ;バイオテクノロジーシリーズ
概要
  歯の発生時期の歯胚には,上皮と間葉の幹細胞が存在し,それらの細胞を良い環境下で相互作用させると歯の組織が再生することが分かってきた。本章では,上述した組織工学的手法によって歯の組織の再生について,著者らが報告した歯の再生に関する,抜歯窩における歯の再生,機械的刺激が再生における有効性,培養細胞を用いることの利点などをまとめた。
  本田雅規,上田 実.
  共著   シーエムシー出版   227-233頁   2007/05
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.