ホンダマサキ
本田雅規 歯学部 口腔解剖学講座 教授

標題
  Quiescent epithelial cell rests of Malassez can differentiate into ameloblast -like cells
概要
  マラッセの上皮遺残細胞は歯根膜中に生涯残存しているが,その機能等は明らかになっていないことが多い。この研究では,ブタの乳歯歯根膜からマラッセ細胞を単離,培養後,歯髄細胞と移植することでエナメル質が観察された。世界で初めて,マラッセ細胞がエナメル質形成能を持つことを明らかにした論文である。
  Shinmura Y, Tsuchiya S, Hata K, Honda MJ.
  共著   J Cell Physiol   217(3),728-738頁   2008/12
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.