ホンダマサキ
本田雅規 歯学部 口腔解剖学講座 教授

標題
  歯の再生―歯の発生生物学から歯の再生研究まで― ④
概要
  現在,いろいろな施設で歯の再生実験が取り組まれている。その手法として大きく二つに分けられる。担体を用いた再生方法と担体を用いないで,細胞のみを凝集させた後に移植する方法である。本章では,担体を用いないで,歯の細胞を凝集(アグリゲーション)させて,歯の再生させる方法についてこれまでの発表をまとめている。
  土屋周平,本田雅規.
  共著   真興交易㈱医書出版部   168-173頁   2006/12
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.