イノウエ(カタダ)カズホ
井上(堅田)和穂 歯学部 保存修復学 助教

標題
  Er:YAGレーザー照射象牙質に対する酸コンディショニングとプライミングを併用した3ステップ・レジン添加型グラスアイオノマー系ボンディング処理がレジンの初期接着性に及ぼす影響
概要
  本研究は,低出力でEr:YAGレーザー照射した象牙質に対し良好な接着性を示すレジン接着システムの開発を目指し,照射により生じた変性層を強化しRMGI系ボンディング材の接着強さの向上を図る目的で,鉄含有酸コンディショニング,あるいは酸コンディショニング後親水性モノマーによるプライミングなどの歯面処理の効果について検討した.レーザー照射象牙質に対し,酸コンディショニング,あるいは酸コンディショニング/プライミングを施し,RMGI系ボンディング処理後のレジンの初期接着性を検討したところ,酸コンディショニング/プライミング後の接着強さは有意に高く,非照射象牙質におけるそれと同等であり,レーザー照射象牙質における3ステップRMGI系ボンディング材の有用性が判明した.
  竹口あゆみ,冨士谷盛興,長塚由香,八谷文貴,井上和穂,岸本崇史,林 建佑,掘江 卓,千田 彰
  共著   日本レーザー歯学会誌   28(2,3),23-30頁   2017/12
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.