イノウエ(カタダ)カズホ
井上(堅田)和穂 歯学部 保存修復学 助教

標題
  光硬化型ケイ酸カルシウム系覆髄剤およびMineral Trioxide Aggregateの直接覆髄剤としての効果に関する病理組織学的ならびに分析化学的研究
概要
  光硬化型ケイ酸カルシウム系覆髄剤(TCL)の直接覆髄効果を、病理組織学的および分析化学的な面からMTAと比較検討した。その結果、露髄創傷部における元素挙動の様相がMTAの場合とほぼ同じであることから、TCLはMTAと同様の修復機転が生じると推察され、両剤が同等の直接覆髄効果を有することが明らかとなった。
  堅田 和穂
  単著      2016/03
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.