コンドウカズミネ
  近藤万峰 経済学部 経済学科 教授

現在の専門分野
  金融論 (キーワード:金融システム、金融機関、地域金融市場) 
主要学科目
金融論
学歴(学位)
1. 名古屋大学 経済学部 卒業
2. 名古屋大学大学院 経済学研究科博士前期課程 修了 修士(経済学)
3. 名古屋大学大学院 経済学研究科博士後期課程 修了 博士(経済学)
職歴
1. 2003/04~2004/03 名古屋大学大学院 経済学研究科 助手(経済学部助手を併任)
2. 2004/04~2007/06 愛知学院大学 商学部 商学科 講師
3. 2007/07~2013/03 愛知学院大学 商学部 商学科 准教授
4. 2009/10~2010/03 名古屋大学 経済学部 非常勤講師
5. 2012/10~2013/03 名古屋大学 経済学部 非常勤講師
全件表示(11件)
学会発表
1. 2010/06 「地域銀行における情報開示行動―格付け取得に注目して―」(生活経済学会)
2. 2009/03 「地方銀行における店舗・ATM戦略の現状と展望」(日本金融学会)
3. 2007/03 「地域密着型金融推進計画の展開とリレーションシップバンキングの現実―愛知県アンケート調査に基づく中小企業と銀行のリレーションシップの分析―」(日本金融学会)
4. 2005/03 「わが国における金融機関のデリバリーチャネル戦略の変化とその問題点」(日本金融学会)
5. 2004/06 「住宅金融市場の変化と市場分断仮説の検証―金利データを用いた分析―」(生活経済学会)
全件表示(7件)
所属学会
1. 生活経済学会
2. 日本金融学会
3. 日本経済学会
社会における活動
1. 2006/04~2007/03 愛知県中小企業金融施策検討委員会委員
2. 2007/04 日本郵政公社東海支社長感謝状受領
3. 2014/12~ 神戸大学 経済経営研究所 金融システム研究部会 研究員
4. 2015/07~ 愛知県クラウドファンディング活用促進委員会委員
5. 2015/08~ 「地方創生に向けて地域金融に期待される役割―地域での雇用の質向上に貢献するための金融を目指して」研究会委員(独立行政法人 経済産業研究所)
著書・論文歴
1. 2018 著書  『地方創生のための地域金融機関の役割―金融仲介機能の質向上を目指して―』  (共著) 
2. 2014 著書  『地域連携と中小企業の競争力―地域金融機関と自治体の役割を探る―』  (共著) 
3. 2010 著書  『地域の中小企業と信用保証制度―金融危機からの愛知経済復活への道―』  (共著) 
4. 2009 著書  『ポストバブル期の金融機関の行動―新しい時代のリテール金融の確立に向けて―』  (単著) 
5. 2006 著書  『商学への招待』  (共著) 
全件表示(73件)
講師・講演
1. 2005/09 「預金保険制度の仕組みとペイオフについて―自己責任時代の預貯金管理を考える―」(三好町教育委員会)
2. 2008/10 「地方銀行における店舗・ATM戦略の現状と展望」(地方銀行会館)
3. 2015/03 財務省東海財務局主催「地域密着型金融シンポジウム」にて、基調講演「地域密着型金融行政の下における地域金融機関の役割と課題―地域間格差の拡大と地域経済の活性化―」とパネルディスカッション「地方創生〜地域経済活性化に向けて金融機関に期待される役割〜」のパネリストを担当(ウィルあいち)
4. 2015/08 「中小企業の資金調達におけるクラウドファンディングの役割」(ホテルアソシア豊橋)
受賞学術賞
1. 2010/03 生活経済学会奨励賞
Copyright(C)2009 Aichi Gakuin University All Rights Reserved.